profile

グランアーツ

■井上 芳雄 Yoshio Inoue


大学在学中の2000年に、ミュージカル『エリザベート』の皇太子ルドルフ役で鮮烈なデビューを果たす。その高い歌唱力と存在感で数々のミュージカルや舞台を中心に活躍。井上ひさしの遺作となった『組曲虐殺』では主役を演じ、2017年の大河ドラマ『おんな城主 直虎』にも出演する等、ストレートプレイにも挑戦。一方でCD制作、コンサートの音楽活動も意欲的に行い、近年ではテレビ・映画等映像にも活躍の幅を広げ俳優として高い評価を得る。 2017年4月よりBS-TBS『美しい日本に出会う旅』のナレーションのひとりを務めるほか、自身初のレギュラー番組としてTBSラジオ『井上芳雄 by MYSELF』がスタートする。また2017年4月29日から、ミュージカルコメディ『グリーン&ブラックス』(WOWOW)がOA。
◆井上芳雄オフィシャルHP
◆ファンクラブ会員専用ブログ「井上芳雄の気まぐれショット」




■彩吹 真央 Mao Ayabuki

1994年宝塚歌劇団入団。繊細な演技力と豊かな歌唱力を持つ男役スターとして様々な舞台で活躍。2010年宝塚歌劇団を退団。
退団後の主な出演作品は、『Pal Joey』『モンティ・パイソンのスパマロット』『サンセット大通り』『シラノ』『ロコヘのバラード』『ラブ・ネバー・ダイ』『アドルフに告ぐ』など。
2015年に続き16年にも『End of the RAINBOW』でジュディ・ガーランド役を熱演した。
現在は、ミュージカルや舞台を中心に活動しているが、コンサートやCD等の音楽活動や声優など幅広い活動を展開している。2013年春の20周年記念コンサートに続き、2015年と今秋、丸の内・コットンクラブにて単独ライブを開催する。
◆彩吹真央オフィシャルHP
◆彩吹真央オフィシャルファンクラブ「Precious」




■KENTARO

高校卒業後、劇男一世風靡入団。1992年退団までストリートパフォーマンスを中心に活動。以後、舞台・ミュージカルを中心に活躍中。ダンスリーダーとしての実績も多数。歌や楽器演奏にも定評があり、ライブ活動なども行っている。近年では役者としての活躍も目覚ましく、ジャンルを問わない役柄で活躍の場を広げている。
◆KENTAROオフィシャルブログ「KENTAROの日記どぇす。」




■相葉裕樹

◆相葉裕樹 LINE OFFICIAL BLOG
◆相葉裕樹 official Weibo





■木村 花代 Hanayo Kimura

kimura72_107.gif 劇団四季の主演女優として「キャッツ」グリドルボーン役、「オペラ座の怪人」クリスティーヌ役、「美女と野獣」ベル役、他多数の作品に出演しヒロインを演じる。退団後の主な出演作品に、上田一豪演出「キューティ・ブロンド」ブルック・ウィンダム役、「Play a Life」「Marry me a Little」、錦織一清演出「グレイト・ギャツビー」マートル役、丸美屋食品ミュージカル「アニー」グレース役、「若草物語」マーチ夫人役、「ミス・サイゴン」エレン役、玉野和紀演出ミュージカル・コメディ「Love Chase!!」ハニー役、朗読「ラヴ・レターズ」、韓国ミュージカル「パルレ」ナヨン役等他多数。また、LIVE活動も精力的に行い、沖縄にて狩俣倫太郎・木村花代「We love musical コンサート」、NYカーネギーホールにて歌唱を披露。2013年にはデビュー15周年アルバム「しあわせのカケラ〜木村花代15th Anniversary〜」を発売。同年、Sound HorizonからリリースされたCD「ハロウィンと夜の物語」ではメインボーカルを務め多くのファンを魅了した。ファッション雑誌「NorieM magazine」モデルなど。
◆木村花代オフィシャルブログ




■大月 さゆ Sayu Otsuki

sayu72_107.jpg 2003年、宝塚歌劇団に入団。雪組に配属され、下級生の頃から数々の重要な役を務める。「堕天使の涙」「エリザベート」「シルバー・ローズ・クロニクル」「凍てついた明日」などに出演。2010年宝塚歌劇団を退団。その後の主な出演作は、「流れる雲よ」「源氏物語×大黒摩季songs〜ボクは、十二単に恋をする〜」「DRAEM TRAIL〜宝塚伝説〜」「MITSUKO 〜愛は国境を越えて〜」「L'espace du journal 〜日記の空間〜」「ニューヨークに行きたい!!」「DANCIN' CRAZY2」など、ミュージカルや舞台を中心に活動している。今後は、映像など様々なジャンルにも積極的に挑戦していく。
◆大月さゆオフィシャルブログ




■真瀬 はるか Haruka Manase

manase72_107.jpg

2006年宝塚歌劇団入団。宙組「NEVER SAY GOODBYE」(小池修一郎演出)で初舞台。
花組配属後は、「ME AND MY GIRL」「麗しのサブリナ」「ファントム」等に出演。
92期生総合成績首席としての実力を持ち、幅広い演技力や音域の広い歌声で高い評価を得ている。
2012年退団後は、自身で作詞も手がけたデビューアルバム「Brand New Wind」をリリースしライヴを行うなどミュージシャンとしても活動中。また、女優として様々な役にも挑戦し今後の活躍も期待される。
◆真瀬はるかオフィシャルブログ




■吉田 萌美 Megumi Yoshida

megumi72_107.jpg
2013年3月、洗足学園音楽学部ミュージカルコースを首席で卒業。歌・ダンス共に実力が認められ学内選抜公演のヒロインに抜擢され、数々の賞を得た。また、同校卒業の平原綾香さんのシングルCD「Sailing my life」にコーラスとして参加している。卒業後は、パワフルな歌声とダンスを武器に舞台を中心に様々なジャンルに挑戦していく。
◆吉田萌美オフィシャルブログ




■橋爪 渓 Kei Hashizume

kei_sblog.gif 幼少期に、ヴァイオリンを始め、また井上バレエ学園でクラシックバレエを習う。桐朋学園音楽大学付属の桐朋学園子どもの為の教室へ入り、ヴァイオリンと同時にソルフェージュも学び10年間続ける。中学入学と共に、ストリート・創作ダンス等様々なジャンルのダンスをはじめる。高校卒業後、作詞作曲を学ぶ為にワタナベエンターティンメントカレッジに入部し、1年間DTM、ステージングの勉強をする。現在、ダンスで培ってきたグルーヴ感と小さな身体を感じさせないパワフルな歌声を武器に活動し、今後はミュージカルや様々なジャンルにも挑戦していく。



【業務提携】


■RON× Ron-ron

ron72_107.jpg
【RhythmTAP Dancer & Choreographer & Actor】
日本屈指のタップダンサーとして、舞台や映画などで幅広く活躍。 正統派のタップはもちろん、リズムタップダンサーとして、ジャンルを問わず活躍中。音楽面では jazzとのユニットやピアノ演奏家としての活躍も目覚しく、 自らが演出・主演を手がけるTAP公演なども行い、より活動範囲を広げている。 歌や演技にも力を入れ、ソロ活動や総合的なエンターテイナーとして、振付・出演などで海外での活動も多く、幅広い活躍が注目されている。
◆RON×競フィシャルHP
◆RON×競フィシャルブログ「RON×兇良屋」




■フィリップ・エマール Philippe Aymard

【Performer,Actor,Director/Choreographer,Singer&Clown】
南仏生まれ。7才から12才までダンススクールに通う。さらにパリのエコール・ジャック・ルコックにて専門的なテクニックを身につけフランス国内外の劇場、TVでも活躍。その一方、病院で精神的治療を行う"ドクター・クラウン"として、病気入院中の子供達に笑いと幸福を与えてきた。
2001年から2011年にはシルク・ドゥ・ソレイユ『ドラリオン』、続く『ZED』でクラウンを演じ世界中をまわる。来日をきっかけに茶道や陶芸をはじめとした日本文化に傾倒し、日本に一人とどまり創作活動をしていく決心をした。
現在、様々なクラスやワークショップで演劇、コメディ、クラウンなどを教えながら、自身で歌い楽器を演奏、パフォーマンスを行うコンサートを実施。またパーク・ハイアットでのイベント演出/出演をはじめ、パフォーマー/ナビゲーターとしてエルメス・ジャパンツアー、小曽根真、クラシックの祭典ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン、X Japanオマージュのコンサートなど様々な大型イベントや公演に参加、多くのアーティストと共演/コラボレーションしている。近年では、ミュージカル、SMAPのCD/DVD、ポケモンほかのCMにも参加。さらに映画にも出演、女優の杏とも共演するなど、活躍の場を広げている。




■大貫祐一郎

onuki72_107.gif 【Arranger&Pianist】
7歳からピアノを始める。三澤慶子氏、深井克則氏に師事。在学中にNHK公開生放送、NHKホールにて前川清、田代ユリらと共演。 卒業後は、芦野宏、ペギー葉山、菅原洋一、五木ひろし、雪村いづみ、上條恒彦、叶正子(サーカス)、クミコ、佐々木秀実、等シャンソン、ジャズ、ポップス、クラシックをはじめ様々なジャンルのトップアーティスト達とプレイ。

また前田憲男指揮、東京交響楽団と共演。さらには、井上芳雄、彩吹真央、フィリップ・エマールとの共演をきっかけにミュージカルにも活躍の場を拡げた。 2015年8月には、ビルボードライブ東京で行われたWOWOW「僕らのミュージカルソング」ライブコンサート&テレビ放映で、アレンジとピアノ演奏を担当、好評を博す。同年、菅原洋一の名曲と映画音楽で構成したピアノソロCD「ピアノで奏でる愛の詩」(徳間ジャパン)をリリース。

16年4月には福田雄一×StarS「トライベッカ」(WOWOWで放送)でもアレンジと演奏、さらに同年5月には20年間にわたるアニメの名シーンとオーケストラの壮大な生演奏をシンクロ、14000人を動員した「TV&MOVIE20周年記念『名探偵コナン』コンサート」(4月大阪城ホール、5月東京国際フォーラム ホールA)の音楽監督(アレンジ、演奏、指揮)を務める。倉木麻衣をゲストに、33人のスペシャルバンドを率いコンサートを成功させ、あらたなジャンルを切り開いた。




■小林香

【Stage Director, Playwright & Lyricist】
数々の海外ミュージカルに携わる一方で、演出・脚本・作詞を一手に任う【オリジナルミュージカル】と日本では数が少ない【ショー】の創作を得意としている。これまでに井上ヨシマサ、東儀秀樹、小松亮太、スコット・アランなど、内外の有名音楽家と共に作品を作ってきた。また、NHK全国学校音楽コンクールから委嘱作品を依頼されるなど、作詞の手腕も評価されている。また、コンサートやディナーショーでの信頼も厚く、これまでに手がけたアーティストは数多い。NHK、国のイベント、サンリオ、ディズニーなど、演劇界以外でも活動のフィールドを広げている。 同志社高校在学中にオーケストラを設立し、New York Philharmonicにインターン留学。その後、東宝株式会社(帝国劇場/シアタークリエ)にて演劇プロデューサーとして活躍、その後舞台演出家として独立し今に至るという、異色の経歴を持つ。